OLさん必見!明日の仕事に備えて寝る前にしておいたほうがいいボディケア

1日働くと、どんなお仕事でもクタクタになりますよね。でも、次の日も元気に会社に行って仕事をしなくちゃいけないのが社会人です!自分の体をしっかりケアして、寝る前に元気をチャージしておく方法をマスターしたいですよね。

そこで、簡単にできる寝る前にやっておきたいボディケア法を3つ解説します!

足の疲れを取る!寝る前にできる簡単むくみケア

立ち仕事も座り仕事も、実はどっちも足がむくんでしまいがちです。座り仕事の人はずっと同じ姿勢でいるせいで血流が悪くなりむくんでしまい、立ちっぱなしの人は血液を循環させるふくらはぎの筋肉が疲れる事で血液が足に溜まってむくみます。

むくんだままの足では痛くて辛いですし、ひどくなると次の日の仕事にも影響しますよね。そんな時は足の水分が代謝できるように、リンパマッサージで足をケアすると良いんです。

  1. 足首・膝の裏・太ももの付け根をぐりぐりマッサージ
  2. 次に足の指や足首をほぐすようにマッサージ
  3. 最後にふくらはぎやふとももをさすり上げてリンパを流す

マッサージする時に、何でもいいのでクリームを塗ってあげると肌を傷めず上手に揉みほぐす事ができますよ。オススメは保湿効果のあるクリームです。足のむくみと疲れを取りながら、スキンケアもできて一石二鳥ですね。

マッサージは体が温まっているお風呂上がりが効果的です。体もポカポカしてよく眠れるのもマッサージのメリットですね。

目の充血・クマを簡単オフ!眼精疲労対策のアイケア法

お仕事でも、特にパソコンを使うデスクワーカーさんの悩みが目の充血やクマですよね。その原因は目の疲れ、つまり目疲労・眼精疲労と呼ばれる状態です。

目の疲れは悪化させると目の痛み、肩こりや吐き気など仕事に響く問題に発展する場合もあります。そこで、こんな方法でケアしておくと翌日がとっても楽なんですよ。

  • 鎖骨・首・耳の下・こめかみ・目頭の順番にリンパマッサージする
  • 目を強く開けて閉じる・目を左右にぐるぐる回すストレッチをする
  • ホットアイマスクなどで目を温めながら眠る

目の疲れを取るには、まず目のまわりに溜まった老廃物を流す事が大切です。水分と一緒に老廃物を回収してくれるリンパ菅の出口が鎖骨にあるので、そこをまずマッサージしてあげましょう。

出口を開けたら、徐々に目に近い場所のツボをリンパマッサージします。リンパの流れと一緒に血流も良くなるので、目の充血・クマも解消されていき、きれいな白目と血色のいい顔が手に入りますよ。

目の周りの筋肉をほぐすのに、目のストレッチも有効です。目をパチパチ強めに開けたり閉じたりした後は、左右にぐるぐる目を回します。これなら仕事中でもできそうですね。

とりあえず目がつらい時は、ホットアイマスクも強い味方です。血のめぐりを良くしてくれますし、眠りの質も良くしてくれるのでオススメですよ。

眠りの質をアップさせる!背中のコリを取るストレッチとは?

そしてデスクワーカーの天敵といえば肩こりですよね。でも肩を揉んでも楽にならない事ってありませんか?そんな時は背中がこっている可能性があります。背中がこると眠りも浅くなるので、軽くストレッチをして眠るといいんです。

  1. 両肘・両膝を床につけて四つん這いになる
  2. 手のひらは上に向けて手と肘はぴったりと閉じ床につける
  3. お尻を床につける感覚で背中をぐっと伸ばす
  4. そのままの状態を30秒キープ!これを3セット行う

ちょっと文章だけではわかりにくいですが、実際このポーズをとってみると「あっ!背中が伸びてる!効いてる!」という感覚がすぐにわかるはずです。

寝る前にこのボディケアを行う事で、コリがほぐれて仕事の能率もアップですね。姿勢も良くなって、洋服がキレイに着こなせるというメリットもありますよ。

どんなお仕事も大変ですが、疲れたの体をケアしてあげる事で体も仕事も楽になります。最初はちょっと面倒でも、ボディケアの気持ち良さを知ってしまえばこっちのものです。まずは、この3つの方法を試してみて下さいね!